だいたいそういう感じのブログ。

ダメ人が軟着陸したり駄文垂れ流したり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題にしたい日だってある

またログイン画面がめんどくさいことになってるよ、もう。

言葉を紡ぐという事は内容の貴賎を問わず、
何かを伝えたいと願っているから文字に起こすのだと思います。
レポートや論文、要望書や通達なんていう至極オカタイものから
ちょっとした思い付きやSS、散文に詩ももちろんそうな訳で。

伝える相手もそれぞれです。
たった一人に伝わればいい恋文もあれば、
無数の読者に届けたい書評だってあります。
いつか読み返すであろう未来の自分へ向けた日記だってそうです。

とても簡単な言葉で残すことができる思いもあれば、
沢山の文を費やしても届かない心だってあります。
自分の心を取り出してそのまま検分してもらえれば楽なのに、
叶わないから拙くても文字を介して届けようとします。
でも言葉は単純だからこそ沢山のものを含むことが出来るので
望んだこととは全く違う届き方をしてしまうことが良く起こります。

「心をこめる」というのは望んでも中々満たされないもの。
だからこそそれを為せていると思える言葉にはひどく感銘を覚えるのです。
…ただ、私が受け取った思いすら、伝えたかった人の心とはズレているかもしれない。

自分が伝えたかった思いもそうやってどこか知らない虚空へ逃げていったのかな。
とふと考えてしまうのでした。


こつこつ書いてたSS、間違って真っ白に上書き保存しちゃったよ…。
オチを書き忘れるという大ポカ。きっとこれも逃げてたんだな。私の脳から。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://air77.blog4.fc2.com/tb.php/99-900a682a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。