だいたいそういう感じのブログ。

ダメ人が軟着陸したり駄文垂れ流したり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放置するということ

人は壁にぶち当たるとまずは努力しますよね。
とりあえず自分の力を振り絞って、
それでもだめなら誰かしらか何かしらの力を借りて。

ただ、やはり助力があるとそれは「越えた」事にならないという
シビアな壁も存在する訳です。
そうすると誰の手も借りず、もしくは最小限のヒントだけを頼りに
脳細胞なり筋組織なりを酷使しなくてはいけません。

その努力のレベルというのは本当に人それぞれですよね。
数分どころか数十秒程度で投げ出してしまう人も居れば
本当に力尽きる寸前、或いは力尽きるまで立ち向かう人も居ます。
私は往々にして前者なのですが。
自分の身の丈以上の事を為さねばならないとなるとまず逃げる事を考えます。
逃げ道がなければ助力してくれる人を探します。
それも見つからなければ何とかしてズルできる方法を考えます。
全てが塞がって漸く自分で動こうとする性質なものでして。

ただ、終着点へ一速飛びに行ける裏道がありますよ、と示されると
其処を辿るのには些か躊躇してしまう臆病さもあります。
努力したくない癖に、達成感を喪うのはもっと怖いのです。
贅沢だなあと思わずにおれません。
その結果、いつかは出来るだろう、と手を軽くつけたまま放置されるものが出てきます。


時間旅行のタイムマシンとか魔神の笛の最後の大脱出とか。
だからスライドパズル系は苦手なんだぁぁぁ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://air77.blog4.fc2.com/tb.php/97-47ef960e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。