だいたいそういう感じのブログ。

ダメ人が軟着陸したり駄文垂れ流したり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真昼の星

シーナさんの本のタイトルではないのですよ。


数日前に呟いてたプラネタリウムに行ってきました。
最近本当に即断即決なるべく即実行、みたいになっているので
いい年した一個の大人として考え直すべきところが
あるような気がしないでもありません。
しかし。

こまけぇことはいいんだよ!(AA略)

こまけぇことの例:
・京成に乗る時駅員さんに聞いて「千葉中央で降りてね」と言われたにも関わらず
 何でか焦って千葉で降りてしまい、次の電車を待つ羽目になったこと。
・駅から道一本を真っ直ぐ行くだけにも関わらず迷ったこと。
・その所為で見る予定だったプログラムの時間に間に合わなかったこと。
・「鳥くら」という名前の店を見て0.1秒でTRIP MACHINE CLIMAXが浮かんだこと。
・上映時間までの時間潰しを常設展示でやっていたら
 たいして広くもないフロアでまたも迷ったこと。


当然の事ながら上映中は写真撮影も携帯使用も禁止なので
どういうものであったかをここでお見せすることはできません。
ただ昔から星空を好んで見ていた人間としてはそれはもうときめきでした。
残念だったのは、裸眼だととにかく輪郭などがぼやけてしまって
眼鏡をかけて鑑賞せざるを得なくなってしまったこと。
こんなところでも視力の衰えを実感させられてしまいました。

内容ですが、映し出される画像のクオリティもさることながら
解説の職員さんのコメントがいちいち面白い。
ああいうトークセンスというか演出センスは欲しいです。いい勉強になりました。
星空解説だけでなく、プラネタリウム用に作られたと思われるムービーの上映も
プログラムによってはセットで行われているようで、これもまた面白かったです。
ナレーションが今井美樹さんだったのにちょちびっくり。

前にプラネタリウムを見たのがもう10年近く前で、
その時のただ全天星図を映し込んで解説するだけ、というのが印象にあっただけに
昨今のプラネタリウム上映の質の高さに驚きもしたのでした。

……ただ3D酔いする方にはちょっとお勧めできないかもしれません。
かく言う私も途中で眩暈に襲われて足元が覚束ない気分に陥ったり。
それだけ迫力があったという証拠でもあるんですけどね。
夕方のプログラムも見てから帰れば良かったかなぁ。

そして帰りに売店でお土産として小さな天球儀を購入。
縦横お構いなくぐりんぐりん動くのでかなり面白いです。癖になりそ。


↓以下コメントにお返事

>ふらのひと
いつもありがとー。
あなたのフットワークやマメさはほんとに見習いたいと思います。

それはそれとして。

>テンパリのないえーるタンなんて唐揚げの入ってない弥生軒みたいなものだよ!w
>何が言いたいかと言うとそのどじっ娘要素こそがえーるタンのみりょk
OKちょっとそこの1655号室に。

できればずっとかけそばのままで居たいです。
無理ですかそうですか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://air77.blog4.fc2.com/tb.php/52-790e4f92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。