だいたいそういう感じのブログ。

ダメ人が軟着陸したり駄文垂れ流したり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hi-Speed March typeA

3月もまだ序盤だと言うのにやけに充実…というか色々あったなあと。


【typeA…3/1の海】

実は去年末の東京タワーオフに参加予定だったのですが
こういうタイミングで風邪を引くのが私。
ドタキャンというある種最悪の事態に感じていた一抹の申し訳なさと
前から計画しつつも実行できなかった自分の願望も込みで
「東京湾フェリーに乗るオフとかやりたいよねー」と95%くらい冗談で発言したところ
あれよあれよと敏腕幹事M氏(名前出していいのかちと迷ったので伏せ)と
有能秘書あおいたんの手で計画が組み上がり言い出しっぺ顔面蒼白。
これはもう年貢の納め時という奴だろう(?)と出席してきたのでした。



メンバーはいわゆる「いつもの4人」に私がくっついただけ。
合流時のすったもんだとか誰も遅刻しなかったとか脅されたりとか
あとは写真撮ってる人がいたり置き去り計画を企まれる人が出たり
何だかんだで2時間以上を費やして浜金谷駅へ到着。うはー、遠かった。

こちら側の鉄道とフェリーの接続は頗る悪く、50分程の待ち時間が発生。
(多分久里浜から房総半島方面へ移動する人メインで構築してるからだろうなぁ)
そこら辺に発生してるマックスコーヒーにふらのひと大喜び。
ドクターペッパーと言い、関東の飲料文化はよくわかりません。
まあ関西のひやしあめ/あめゆなんかも関東の人に同じように思われそうですが。

徒歩数分でフェリー乗り場とそれに併設されたいわゆるご当地ショップに到着。
大量に観光バスが止まってました。同時に漂う甘い香り。
バームクーヘンを焼いてる匂いだったようですが、流石に辟易しつつ店内へ。
軽く物色するも私の目的は「海産物が豊富な地域の美味しいはんぺん」のみ。

なのに。

ない。

どこを見てもない。

半ギレ、否おおよそマジギレしてると4人が空気を読んで移動を提案してくれました。
いい子たちです。

次のお土産屋はフェリーのチケット売り場というか乗り場に併設されているもの。
平日昼間ということもあって人はいないだろうと思いきや、そこそこの人の姿。
とりあえず片道チケットをSuicaで購入する。便利な時代になったものです。

まだまだ時間はあるのでと店を見てまわる。
呪文のようにはんぺんはんぺんと呟きながらショーケースを見て回っていると
「こっちにはんぺんありましたよ」の声が後方から。
お礼もそこそこにとりあえず2袋ひっつかんでレジへ向かう。
きっと何事かと思われていたに違いない。

その店はどちらかというと千葉の物産をトータルで扱っているようで
銚電のぬれせんも棚をほぼ丸々使って並べられていました。
嬉々として購入している人たちを横目に店内を更にふらつく。
私以外の人は総じて年齢が下なので鯨肉に馴染みが無い様子なのに納得したり
ネームキーホルダーで皆が思い思いの名前を探すのを見てたり
そうこうしている内にフェリーの乗船時刻に。

フェリーは正直なところ、40分は短すぎる!と思わせてくれました。
今度一人ででも往復で乗りたいなぁ。
あとは最初に陣取った座席のところで大いびきかいてたおじさんとか
船の後部で餌にむらがるカモメの大群とか
フェリーの最上部甲板の風の気持ち良さとか。
写真も何枚か撮ったのですが、携帯なので画質が酷過ぎる為UPは控えます。

船酔いよりも風景に酔って本当にあっという間に久里浜に到着。
そういえばまともに昼食をとっていなかった、ということで
バスで京急久里浜駅へ移動し立ち食いそば屋で食事をすることに。
関東のおそばはつゆの関係上敬遠気味だったのですが…
食べてみるとあら意外といける。
さすがに関西のおつゆのように口をつけて飲むには至れませんでしたが
うどんのつゆとして食べる分には然程気になりませんでした。
食わず嫌いはよくないね。マックスコーヒーは永遠に飲まず嫌いでいいけど。

初の生京急を体験したりしつつ次はあおいたんが目星をつけていたゲーセンへ移動。
とりあえず自分のプレイ記録はこの際おいといて皆すげーうまーい。
個人的にはDDR未経験者2名に初踏みをしてもらったので満足です。

その後はまあ恒例の反省会で無限ループって怖いよねって話をしたりで
気が付けば外はまっくら。
18きっぷを使って移動していたのもあり、途中脱落方式で帰路につくことに。
流石にかなりの移動距離で疲れ果てたのか皆うとうと。
最終的に東京駅で完全解散という形になりました。

道中何かの折につけ「かえりたいー」と呟いていましたが(笑)
実際は楽しかったです。皆ありがとー。


ちなみにフェリー乗り場で買った「たいはんぺん」は
はんぺんとは名ばかりのささかまぼこの変種みたいな奴でした。
がっくりです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://air77.blog4.fc2.com/tb.php/137-6552f576
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。