だいたいそういう感じのブログ。

ダメ人が軟着陸したり駄文垂れ流したり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6連星からのお誘い

今週の冷え込みは一月並なんですってね。
週間天気予報で最低気温マイナス1℃とかマジですか。

この季節になると空が澄んでくるとは言われますが
実際のところコレの根拠ってどこにあるんでしょう。
上空のジェット気流が速くなるので星が瞬いて見えるとは昔聞きましたが
今の自分では裸眼だと瞬く以前にぼやけて2個以上に見えるので
あまり関係ありませんでしたとか。


で、何の話かと言うと。
ふたご座のカストルは連星が何だかんだで(説明を省いたぞ)
三組くっついてしまっている6連星なんだとか。
何となくひっからまったアメリカンクラッカーみたいなものを想像しましたが。

…そういえば昔どこぞの水族館で触手がひっからまった無残なクラゲを見ました。
数匹のクラゲがそれぞれ違う方向に泳ぎたいのに絡まってるから動けない。
その中央には絡まりまくって既にボールのようになっているクラゲの足たち。
あれは無残なありさまでした。
というか今でもあんなありさまなんだろうか。

話がずれました。
で、そのカストルのあるふたご座は冬によく見えるのです。
(占いで言うところの12星座はその季節に太陽があるところですから、
いて座のほぼ逆側にあるふたご座は夜中に南中するんですね)
そして冬の風物詩はふたご座流星群なのです。
極大は今日のお昼なので見られないのですが、
今夜~明日の夜は見頃なので寒さ対策をきっちりした上で
是非空を見上げてみてください。ほぼ一晩中見られるそうですよ。

さて、じゃちょっくら出かけてきますかねー。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://air77.blog4.fc2.com/tb.php/102-8911d200
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。