だいたいそういう感じのブログ。

ダメ人が軟着陸したり駄文垂れ流したり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこかで見たようなこと

既視感というものがあります。

どこかで見たようなもの。
どこかで聞いたようなこと。
初体験のはずなのに、昔触れたことがある気がしたり。
誰かと会話していてふと出た言葉に、
あれ?前にもこんなこと言った気がするぞ?と思ったり。

それはもしかしたら過去の自分が薄らと感じていた未来かもしれないし
実は経験していたけれど無数の情報に埋もれた記憶かもしれない。
視覚や聴覚と言ったいわゆる五感に限らずとも
人の心の動き、投じられた石が引き起こす感情という波紋も
実は昔違う石が生み出した偶然の一致があるかもしれない。

過去である程に現実と夢と想像の境目は曖昧になっていき
昔夢見ていたことは未来の自分にとって
実際にあった現実として置き換わっているかもしれない。
現実と仮想の壁というのはひどく曖昧なのです。
過去であればあるほど、尚更。


スパムはシュヴァルツシルト半径の向こうへ消えてしまえ。
…てのを最初の記事の冒頭に書いて、あれ?と思っただけなんですけどね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。