だいたいそういう感じのブログ。

ダメ人が軟着陸したり駄文垂れ流したり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機織の危険物

私は蜘蛛が苦手です。むしろ恐怖症の域かもしれません。

で、調べてみるとまあ世の中には恐怖症と名のつくものが多いこと。
こういうところなんか見てると(一部ダブってますが)
あれやこれやと細かいところまで人は恐れを感じるものなのだなと。
『原子力爆発恐怖症』とか大抵誰でも怖いと思うのですが
恐らく恐怖症となると偏執的な妄想・想像を伴うからこそなのかなとも。
いわゆる杞憂という奴ですね。
あと『フルート恐怖症』とか謎過ぎます。
クトゥルフ神話に無理矢理こじつけるならアザトースが怖いのか。

閑話休題。
元々○○恐怖症(-フォビア)の語源はギリシア神話のフォボスで
戦争の神マルスの従神で恐怖を司るのだとか。
マルスを宛がわれた火星の衛星にもフォボスってありますね。
で、前述の蜘蛛恐怖症はアラクノフォビア(こんな映画ありましたね)となりますが
これはアラクノ(蜘蛛)フォビア(恐怖症)という構成です。
アラクネ=蜘蛛もギリシア神話に由来しています。
単語が先か神話が先かはモノによって違うようですが
学術用語にはこのあたりを語源とする単語が意外と多いようです。
神話とかが好きな人だとその流れでマニアックな学術用語を覚えてたりも。


この話題を持ち出した後、私に蜘蛛をつきつけようとする人がいます。
誰かこのドSな人なんとかしてください。誰とは言わないけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。